キャッシングが自分の銀行のキャッシュカードと錯覚

今から10年くらい前ですがキャッシングを複数社からしてましていつのまにか膨れ上がり最終的には100万を超えていました。最初に借りたのはクレジットカードのキャッシュ機能です。理由は給料日前に狙っている女の子と遊びに行くことになり、すぐ給料日だし返せるからいいやと3万円借りたのがキッカケでした。もちろん給料が入ってすぐ返したのですが、やはりまた給料日近くになるとツケがまわり金欠になります。しばらくはそれの繰り返しでしたが

数ヶ月がたつ頃、キャッシングが自分の銀行のキャッシュカードと錯覚をしてしまいキャッシング額がどんどん膨らむ一方でいつの間にか一回の給料では返しきれなくなっていました。キャッシング限度額が銀行口座の残高と勘違いしてしまうんですね。一枚のクレジットカードで足りなくなった私は消費者金融カードローンにも手を出してしまいました。借りている額が額なだけに返済能力が追い付かず借りる、利息を返す、また借りる、と毎月元金だけがどんどん増えていきました。結局親に借金がバレてしまいお金を借り一括で返済しました。

プロミス 審査

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です